燃費向上と改善について

ランクル200の燃費は悪い?燃費向上と改善について

ランクル200の燃費を紹介します。

自動車メーカーであるトヨタが開発、製造しているランドクルーザーは、同社が製造する最上級モデルの四輪駆動車で、日本ではランクルという愛称で呼ばれています。

 

多くのシリーズがあるなかでもランドクルーザー200(ランクル200)は、シリーズのなかでも豪華なエクステリアおよびインテリア仕様になっているのが特徴で、走行性能でもマルチテレインセレクトシステムを採用するなど、最上級モデルです。

 

ランクル200は2015年にマイナーチェンジが施され、外装ではグリル、内装では計器類の配置などに変更がなされました。 

 

特に駐車時などにドライバーをサポートするバックカメラに、アンダーフロアビューによって車体の下部も確認できるようになったため、大型車による駐車の難しさをさらに軽減させています。

 

機能的になった一方で、ランクル200の唯一の欠点といえる燃費は、据え置きとなりました。

 

最上級モデルのランドクルーザーを購入できるオーナーでも、燃費は車を購入するうえで気になる点のひとつとなっています。

 

ランクル200の燃費は、メーカー提示の数値ではJC08モード燃費で6.7から6.8km/Lとなっています。 

 

その一方で同車の実燃費は、渋滞ありの街乗りで約5km/L、高速道路走行が中心の場合は約6km/Lが相場となっています。

 

様々な走行環境で出された数値による平均の実燃費は約5.3km/L程度とされています。 

 

この燃費に関しては、四輪駆動車であるため仕方がないという意見と、現代の流れにあわせてもう少し改善してほしいという意見があります。

 

マジやばい!査定前に知らなきゃ損する衝撃の事実!?

↓  ↓  ↓

ランクル査定前の必読情報