ディーゼル車の燃費と規制

ランクル200のディーゼル車は?燃費や規制は?

ランクル200のディーゼル車について解説します。

トヨタ自動車が販売する100系ランド・クルーザーの後継モデルとしてモデル改良された200系ランド・クルーザー(ランクル200)ですが、1989年に発売された80系からフォルムデザインが踏襲されており、丸みを帯びたワイドなデザインとされ、総重量2700Kgと国産乗用車最高レベルの大型ボディを搭載した車でフルタイム4WDのオフロード対応車です。

 

国内販売向けのエンジンはガソリン車のみで、4600cc の大型エンジンを搭載し、国内販売グレードがZX・AX・GXの3つでAXにGセレクションの上級モデルが用意されています。

 

国内で販売するモデルはすべてガソリン車で、海外仕様に比べてダウンサイジングされたエンジンが搭載されています。

 

北米販売されているランクル200は、3UR-FE型5700cc V8 32バルブ ツインカム ディーゼルエンジンで、国内では販売されておらず逆輸入車として専門店により並行輸入が行われています。

 

国内では、ディーゼルが環境に悪いとされ、さらに5700ccと大型の排気量が国内向きではないと考えられ、ピックアップやおおがたSUVに強みを持つ北米市場で人気が高いです。

 

ガソリンエンジンに比べてトルクに強みを持つディーゼルエンジンの場合、大型排気量のSUVのフルタイム4WDとなるととくに実力を発揮します。

 

ただし、燃料を海外に依存している日本では、1リッター走行5キロ未満となるためデメリットともなるでしょう。

 

マジやばい!査定前に知らなきゃ損する衝撃の事実!?

↓  ↓  ↓

ランクル査定前の必読情報