中古車買取時に必要な書類

ランクル200買取時に必要な書類について

これまで大切に乗りこなしてきたランクル200をついに処分するにあたっては、中古車買取業者を活用して売却することで大きなメリットを得ることができます。
廃車や下取りに出すのに比べて、自分では思いがけないほどの高音がつくこともありますので、次の新たな車を買う際の頭金にすることもできるでしょう。

 

ただしランクル200の査定時、あるいはその後の正式な買取契約の際には一連の書類を準備しておくことが大切です。

 

まずは自動車車検証明書と自賠責保険証明書、そして自動車税納税証明書の3つは車にまつわる重要な書類となります。
もしも紛失した際には車検証は運輸局、自賠責証明書は契約先の保険会社、納税証明書は各都道府県の税務署にて申請することが求められます。

 

これに加えて、印鑑登録証明書や印鑑、それにリサイクル券も用意する必要があります。
もしも車検証の住所と印鑑登録証明書が異なる場合には、過去の引越し履歴を紐付けできるように住民票や戸籍謄本の附票などを取り寄せる必要があります。
リサイクル券がなくなった際には管轄のホームページなどに対処の方法が記載されていますので、チェックすると良いでしょう。

 

こうして自ら揃える分の書類は出揃ったことになりますが、他にも手続きを完了させるにはもう二種類の書類が必要です。
一つは委任状、そしてもう一つは譲渡証明書です。
これらに関してはランクル200の売却先の買取業者側で記入用紙を用意してくれますので、依頼人はこれにサインをして押印することで全ての書類が揃うことになります。

 

マジやばい!査定前に知らなきゃ損する衝撃の事実!?

↓  ↓  ↓

ランクル査定前の必読情報