ディーラー下取りより車買取サイトが高額

ディーラー下取り価格は低い?

今持っているランクル200を手放して新しい車を購入する場合、ほとんどの人が選ぶ方法となっているのが車買取です。

 

最近ではインターネットサイトでの一括査定も行われるようになりましたから、しっかり考えればこれまでよりも高く買い取ってもらえる環境が出来上がりつつあります。

 

ですがこのランクル200の入れ替えという際にほぼ必ず出てくるのが「ディーラー下取り」という言葉です。

 

今持っているランクル200を中古車として買取業者に売るのではなく、ディーラーに下取りをしてもらうこの方法はさまざまなところで違いがあるのですが、では車買取とディーラー下取りの違いはどこにあるのかと言うと特に大きいのが「中古車として価値を査定するかどうか」というところです。

 

車買取では買い取った後で商品として転売するわけですから当然中古車という商品として価値を査定することになりますが、ディーラー下取りの場合はそうではないこともあります。

 

一般的にはこれから購入する車両から価格を差し引く形になるでしょうが、それも数万円程度か、ごく一部の例外を除けば高くとも十万円を超えるかどうかといったところです。

 

これは中古車として買い取るのではなく、ディーラーがサービスで引き取るといった性質が強いため、価格は低くなってしまうわけです。

 

さて、しかしながらディーラー下取りは選ばない方が良いのかと言われるとそうでも無く、例えば車がボロボロで車買取に出せそうにもないと言う時にはディーラー下取りを選んでもよいと言えるでしょう。

 

ディーラー下取りの場合は商品としてどうかよりもサービスとして行っている性質がありますから、交渉次第では買取には出せないようなコンディションの車でも新車の販売価格といくらか相殺してくれます。

 

まとめると基本的に価値が付きそうなランクル200であれば車買取に出した方が良い、価値が付きそうにもないような車であればディーラー下取りでもかまわないといった形になります。

 

それぞれの特徴をしっかり理解して、上手く使い分けるようにしましょう。

 

マジやばい!査定前に知らなきゃ損する衝撃の事実!?

↓  ↓  ↓

ランクル査定前の必読情報